潮来市立図書館>お知らせ

> 図書館統計


  潮来市立図書館の利用状況や、運営方針などについてご案内します。

1.図書館統計 (図書館概要) 2.運営の基本方針
3.サービスの基本原則 4.潮来市立図書館の沿革
5.図書館整備にあたっての考え方 6.施設概要
7.開館時の蔵書数 8.潮来市図書館 建設の歩み


1.図書館統計

▲このページのトップへ戻る

2.運営の基本方針

  • 図書館は、国民の知る権利を保障する重要な社会的基盤として位置付けられる機関です。
    情報化社会といわれる今日、多くの人が必要な知識・情報を入手し、
    生涯を通じて学びながら、楽しく心豊かな生活を送ることを求めています。
    図書館は、こうした要求に応えて人間の向上心や知的好奇心を満たし、
    市民に心の充足感を与えることを目標とします。

    さらに、市民が日常的に図書館を利用することによって、
    さまざまな知識と情報を共有することで個々の生活の向上につながり、
    市民自身による豊かな市民社会の形成や文化の創造に貢献することになります。

    このような意味で、効果的な図書館運営に努めます。
▲このページのトップへ戻る

3.サービスの基本原則

  • 本と人が出会うサービスの4つの広場づくりをめざして

    @知識のひろば
     「市民が必要とする資料を提供できる」環境づくり。
    A情報のひろば
     市民と資料の橋渡しをする
     「レファレンス・サービス(調べものの支援や相談)の役割を目指す。
    B文化のひろば
     地域(市民)の文化活動を支援したり、文化事業を開催し、地域文化を育む。
    C地域のひろば
     市民の憩いの場、くつろぎの場、交流の場。
     人が集まり、人と人が交流できる「地域のひろば」のような環境づくり。
▲このページのトップへ戻る

4.潮来市立図書館の沿革



■平成13年(2001年)
4月 1日 潮来市誕生
[茨城県新市町村づくり支援事業の検討経緯(平成9年2月潮来・牛堀広域事務研究会〜)]
合併協議会や公共施設整備検討委員会、庁舎検討委員会などの市民参画の中で、
美術館構想や新庁舎を複合した文化ホール事業などとともに検討が進められ、
最終的には、意向調査等における市民要望の高さ、小学校跡地の有効利用、
さらには牛堀地区市街地活性化などから図書館に決定された。
■平成15年(2003年)
6月 3日 合併記念事業として図書館建設を正式決定
(茨城県新市町村づくり支援事業の活用により整備)
11月28日 「潮来市立図書館整備委員会」設置
■平成16年(2004年)
3月25日 『潮来市立図書館基本計画』の策定
5月 8日 基本・実施設計に着手
12月24日 建設工事に着手(起工式)
12月28日 「潮来市立図書館資料選定委員会」設置
■平成17年(2005年)
11月30日 建設工事完了
12月12日 潮来市立図書館の設置及び管理に関する条例の制定
12月22日 潮来市立図書館管理運営規則の制定。
潮来市立図書館協議会規則の制定。
■平成18年(2006年)
3月15日 開館準備のため事務室使用開始
3月24日 潮来市立図書館名誉館長規程の制定。
4月 1日 名誉館長 海老沢勝二就任。
潮来市立図書館協議会の設置。
奉仕サービス等の一部業務を委託。
5月23日 開館記念式典
5月27日 開館(県内52番目の図書館として利用開始)
9月23日 貸出冊数10万冊達成
■平成19年(2007年)
4月21日〜5月31日 開館1周年‘図書館に集まろう月間‘開始。
7月20日〜8月31日 ‘夏休み読書月間‘開始。
12月 1日 茨城県まちづくりグリーンリボン賞を受賞する。
12月10日 『潮来市立図書館概要』(年度版)の発行開始。
■平成20年(2008年)
2月25日 潮来市立図書館管理運営規則の一部改正
3月13日 貸出冊数50万冊達成。
5月 1日 「潮来市立図書館資料収集方針」を踏まえ、
中期的図書資料収集方針(20年度〜25年度)を策定する。
6月 1日 ホームページを更新。
7月 4日 地区公民館図書室の分館機能に向けた整備を開始。
併せて図書室ごとの資料収集および保存、
除籍方針を策定する。(牛堀公民館図書室は廃止)
7月31日 第24回日本図書館協会建築賞を受賞する。
8月 8日 エルネット放送(文科省教育情報通信ネットワーク)を
試験的に提供開始。
8月22日 潮来市立図書館管理運営規則の一部改正。
8月23日 ビジネス・生活情報支援コーナーの設置。
9月26日 潮来市子ども読書活動推進計画策定委員会の設置。
10月 1日 定期休館日(月曜日)の祝日開館を開始する。

▲このページのトップへ戻る

5.図書館整備にあたっての考え方

  • (1)  潮来市の市制施行5周年の記念事業としての整備事業
       (平成13年4月1日潮来町と牛堀町が合併)
        ・ 人口総数31,478人(男15,566人 女15,912人)
        ・ 世帯数10,446世帯 《平成18年3月1日現在》
  • (2)  総合計画などの市民アンケート結果で最も要望の多かった事業を選択した。
  • (3)  資産の有効活用として廃校した旧牛堀第1小学校の校舎を利用した。
       (平成16年3月31日に旧牛堀町立小学校3校を統廃合して1校にした)
  • (4)  牛堀地区周辺の活性化対策の一役を担う性格も有している。
  • (5)  茨城県新市町村づくり支援事業(県補助事業)の有効活用。
  • (6)  人や文化の交流を育む新たな拠点「本のひろば(ブックフォーラム)」として整備する。
         = 新たな生涯学習の拠点づくり
▲このページのトップへ戻る

6.施設概要


1.施設名称・規模等
(1) 施設名 潮来市立図書館
(2) 開館日 平成18年5月27日(土)
(3) 位置 潮来市牛堀289番地
(4) 電話番号 0299-80-3311
FAX 0299-64-5880
E-mail
U R L https://lib.itako.ed.jp/(パソコン)
https://lib.itako.ed.jp/i/ihome.html (携帯)
(5) 施設規模 1・総事業費 1,005,481千円(建築工事、備品、図書等の総額)
2・工事期間  平成16年12月〜平成18年3月
3・敷地面積 11,771u
4・建築面積 2,585u
5・延床面積 3,556u/利用スペース(既存棟部分2,255u・増築部分1,301u)
6・構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨構造 2階建
7・収容可能数 186,000冊
 ・ 開架収容数 図書 96,000冊・視聴覚資料 5,000タイトル
 ・ 閉架収容数 図書/視聴覚資料 90,000冊
8・駐車台数 68台(障害者用3台) 駐輪台数30台
(6) 施設内容 <1階>
1) 開架・閲覧スペース
   《利用者に書籍やAV資料などで情報や知識を提供する。》
 1・開架スペース
   (一般書・児童書・ユース<青少年>・郷土資料・新聞雑誌など)
 2・視聴覚ブース(視覚用ブース6台・視聴用2台)
 3・インターネットコーナー
  ・ インターネット用パソコン5台
  ・ データベース用パソコン2台
    (レファレンス情報検索・インターネットも可)
  ・ 朝日新聞『聞蔵T』、茨城新聞、日経テレコン21
 4・サービスカウンター/貸出/返却/レファレンス(本の相談)
 5・乳児児童用トイレ・多目的トイレ
   (オストメイト/ベビーベッド/ベビーチェア)
 6・授乳室兼対面朗読室
 7・自動貸出機1台・蔵書検索機3台
    貸出用パソコン5台・拡大読書機1台
2) 導入・休憩スペース
   《利用者へ図書館情報や身近な地域情報を提供する。》
 1・エントランスホール、休憩コーナー、自動販売機コーナー
3) 管理・保存・整理スペース
   《図書館の管理及び資料の整理・保存をする。》
 1・開架書庫
 2・事務室・応接室・図書作業室
 3・スタッフラウンジ
<2階>
4) 集会・展示スペース
   《展示やイベントなどを通じて市民交流の場を提供する。》
 1・視聴覚室 (50人利用可能)
 2・スタディールーム (学習室/70人利用可能)
 3・ボランティア室兼お話の部屋 (30人利用可能)
 4・集会室 2室 (集会室1 20人/集会室2 30人)
 5・多目的トイレ (ベビーベッド/ベビーチェア)・男女トイレ
 6・郷土資料展示室・郷土資料整理作業室・収蔵室
5) 屋外スペース
 1・駐車場、駐輪場、小型風力発電設備
 2・憩いの場 : ウッドデッキ、広場(芝生)、中庭

2.施設の特徴
(1) 子ども向け・青少年向けの図書資料の充実を図った。
「潮来市子供読書活動推進計画(策定中)」の実現と文字、活字文化の振興
(2) 既存棟(校舎)に増築を施し、開架スペースを1階部分にまとめ、
自然光を多く取り入れ 、開放的な空間とした。
(3) 書架は、棚板を自在性、互換性を持たせ、床に固定して耐震性能も確保した。
書架高も低めにして本を自由に手に取れる空間を確保した。
(4) 子ども達のため、「幼児童コーナー(フローリング床)」、「お話の部屋」、「児童用トイレ」、
一般利用者には書架周辺に「アルコープ(読む溜まり場)」を設置した。
(5) 親子づれ利用者のため、「対面朗読室兼授乳室」や
「オストメイト付き多目的トイレ」・「幼児トイレ」を設置した。
(6) バリアフリーを重視した施設づくり
・ 多目的トイレ3ヵ所(1階2ヵ所、2階1ヵ所)
・ 通路幅、点字ブロック、エレベーター、段差のない室内、
・ スロープの設置(高低差2.56m/全長22.3m/勾配率5.6%)
・ 読書拡大器(鏡)や車いす・ベビーカーの常備。
(7) 生涯学習や子育て支援の場として郷土資料展示室、
ボランティア室(兼お話の部屋)の設置、集会室2室を多目的に利用する。
(8) ICタグシステムの採用(県内3例目)
・ カウンターによる貸出を容易にして、無人自動貸出機の利用も可能にして、プライバシー保護も確保。
・ 図書館の主幹的業務である「図書資料の選書」や「レファレンス(本の相談)」の充実にもつながり、
  利用サービスの向上も図れる。
(9) フリーアクセス工法の導入
・ 効率的な暖冷房を行うため、床下空調を採用した。
・ コンピューターシステムや電気設備等を床下配線として修理や配線追加などを容易にできる。
(10) 屋外にエコエネルギー教材を兼ねて
小型風力発電機(太陽光発電兼備の蓄電型)を設置して、発電した電力で外灯7基を点灯。

▲このページのトップへ戻る

7.開館時の蔵書数


1・図書 100,259冊 (一般書 81,816冊、児童書 18,443冊)
2・視聴覚資料 3,773タイトル (DVD・ビデオ 1,955点、CD 1,818点)
3・その他の図書資料 雑誌  202タイトル、新聞  21紙

▲このページのトップへ戻る

8.潮来市図書館 建設の歩み


▲このページのトップへ戻る