ゲストさん | ログイン | 予約カート情報



 検索結果(詳細) 

蔵書検索(条件入力)に戻る



国立国会図書館サーチ
Google ブックス
カーリル
Amazon
Webcat Plus







書  名 僕らがサッカーボーイズだった頃 プロサッカー選手のジュニア時代 
シリーズ名
著者名  元川悦子 著
出版者  カンゼン
出版年  2012
ページ数 253p サイズ  19cm 価 格  1600
分 類 783.47
件 名  サッカー
ISBN 978-4-86255-144-3
内容注記 内容: 香川真司  吉田麻也  清武弘嗣  岡崎慎司  大津祐樹  酒井宏樹  金崎夢生  権田修一  松井大輔  石川直宏  北嶋秀朗  川口能活  山田直輝  
内容紹介 香川、岡崎、清武…。彼らは、少年時代をどのようにすごし、プロの道を切り拓いたのか。そこには、家族の温かい支えと、恩師、仲間との出会いがあった。本人とその家族、指導者、友人からたどるサッカー人生の原点。  
著者紹介 1967年長野県生まれ。業界紙、夕刊紙記者を経て、94年からフリーランスのサッカージャーナリストとして活躍中。著書に「U−22」「古沼貞雄・情熱」「黄金世代」「いじらない育て方親とコーチが語る遠藤保仁」「高校サッカー監督術育てる・動かす・勝利する」など。  


資料所在情報

No コメント 資料番号
1鹿島アントラーズの棚[分類:I783.4モト]にあります。2231109919

所蔵数 1   在庫数 1