ゲストさん | ログイン | 予約カート情報



 検索結果(詳細) 

蔵書検索(条件入力)に戻る



国立国会図書館サーチ
Google ブックス
カーリル
Amazon
Webcat Plus







書  名 僕らがサッカーボーイズだった頃  3
シリーズ名
著者名  元川悦子 著
出版者  カンゼン
出版年  2016
ページ数 253p サイズ  19cm 価 格  1600
分 類 783.47
件 名  サッカー
ISBN 978-4-86255-357-7
内容注記 日本代表への道  
内容紹介 宇佐美貴史、原口元気、南野拓実、浅野拓磨ら、日本代表選手11名収録。選手自身とその家族・指導者・友人たちに聞いたサッカー人生の“原点”とは。「ジュニアサッカーを応援しよう!」人気企画、単行本化第3弾。  本人とその家族・指導者・友人の証言から描くサッカー人生の“原点Wとは『ジュニアサッカーを応援しよう! 』人気連載企画の第3弾!!宇佐美貴史、原口元気、南野拓実、浅野拓磨、遠藤航など日本代表やU−23日本代表として活躍する11人のプロサッカー選手たちがどんな少年時代を過ごしたのか。 本人たちへのインタビューだけではなく、彼らをささえた「家族」や「恩師」「仲間」の証言をもとに描いた、プロへ、そして日本代表へと上り詰めた軌跡の成長ストーリー。  
著者紹介 1967年長野県生まれ。業界紙、夕刊紙記者を経て、94年からフリーランスのサッカージャーナリストとして活躍中。Jリーグからユース年代、日本代表、海外サッカーまで幅広く取材。著書に「U−22」など。  


資料所在情報

No コメント 資料番号
1鹿島アントラーズの棚[分類:I783.4モト]にあります。2231136607

所蔵数 1   在庫数 1