ゲストさん | ログイン | 予約カート情報



 検索結果(詳細) 

蔵書検索(条件入力)に戻る



国立国会図書館サーチ
Google ブックス
カーリル
Amazon
Webcat Plus







書  名 J.FOOTBALL DAYS ワンテーマで日本サッカーを語りつくす一冊!! vol.2
シリーズ名 ぴあmook
著者名 
出版者  ぴあ
出版年  2016
ページ数 98p サイズ  26cm 価 格  1000
分 類 783.47
件 名  サッカー
ISBN 978-4-8356-2958-2
内容注記 ゴールこそフットボールのすべて。  
内容紹介 ワンテーマで日本サッカーを語りつくす一冊の第2弾は、丸ごと1冊ストライカー特集! サッカーの醍醐味である「ゴール」。そのゴールを奪うことを宿命として背負ったストライカーにスポットを当て、ストライカーの哲学や思考、点取り屋として生きることのプレッシャーや葛藤にも迫ります。“ゴールこそフットボールのすべてW人気サッカー漫画『GIANT KILLING』でお馴染みのツジトモ氏が表紙を描き下ろし! ●CONTENTS● [PLAYER INTERVIEW]宇佐美貴史(ガンバ大阪) 「『センス』から『ロジック』へ」  大久保嘉人(川崎フロンターレ) 「連係なんて、関係ねえ」  佐藤寿人(サンフレッチェ広島) 「生徒会長とガキ大将」  浅野拓磨(サンフレッチェ広島) 「すべてはゴールが解決する」  興梠慎三(浦和レッズ) 「MFの“思考WとFWの“本能W」 赤ア秀平(鹿島アントラーズ) 「追い求める理想のストライカー」  田中順也(柏レイソル) 「万能とスペシャリストの間で」  柿谷曜一朗(セレッソ大阪) 「重圧に立ち向かう覚悟」[CLOSE UP ]岡崎慎司(レスター・シティ)/武藤嘉紀(1.FSV マインツ)・福田正博が語る「STRIKERVS SPEED METHOD」・杉本龍勇の解体新書「STRIKERVS SPEED SKILL」・ロング・インタビュー 石井正忠監督(鹿島アントラーズ) 「指揮官の思考を探る旅2」…ほか  
著者紹介


資料所在情報

No コメント 資料番号
1鹿島アントラーズの棚[分類:I783.47シエ]にあります。2231136620

所蔵数 1   在庫数 1