ゲストさん | ログイン | 予約カート情報



 検索結果(詳細) 

蔵書検索(条件入力)に戻る



国立国会図書館サーチ
Google ブックス
カーリル
Amazon
Webcat Plus







書  名 なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日 
シリーズ名 新潮文庫
著者名  門田 隆将 著
出版者  新潮社
出版年  2010
ページ数 348p サイズ  16cm 価 格  630
分 類 326.23
件 名  殺人-日本  刑事裁判-日本
ISBN 9784101231426
内容注記
内容紹介 1999年、山口県光市で、23歳の主婦と生後11カ月の乳児が惨殺された。犯人は少年法に守られた18歳。一人残された夫 である本村洋は、妻子の名誉のため、正義のため、絶望の淵から立ち上がって司法の壁に挑む。そして、彼の周囲には、孤高の闘 いを支える人々がいた。その果てに彼が手にしたものとは何だったのか。9年に及ぶ綿密な取材が明らかにする一人の青年の苦闘 の軌跡。   
著者紹介


資料所在情報

No コメント 資料番号
1新刊コーナーにあります。2231162883

所蔵数 1   在庫数 1