ゲストさん | ログイン | 予約カート情報



 検索結果(詳細) 

蔵書検索(条件入力)に戻る



国立国会図書館サーチ
Google ブックス
カーリル
Amazon
Webcat Plus







書  名 評伝山口武秀と山口一門 戦後茨城農業の「後進性」との闘い 
シリーズ名
著者名  先﨑 千尋 著
出版者  日本経済評論社
出版年  2021
ページ数 265p サイズ  19cm 価 格  3200
分 類 611.9613
件 名  農民運動-茨城県-歴史
ISBN 9784818825765
内容注記 序章 二人の山口を生んだ茨城の風土   第一部 山口武秀と常東農民運動- 「辺境の地」から「一大園芸王国」へ   第一章 「後進県」の「後進地域」   第二章 常東農民運動の成果と終焉   第三章 常東農民運動以後の鹿島台地畑作農業の展開過程   第二部 農協と田園都市と山口一門   第四章 水害常習地だった玉川地域   第五章 小さな農協の大きな挑戦 -山口一門と玉川農協   第六章 ユートピアの実現めざして-山口一門と田園都市   終章 二人の山口が遺したもの   
内容紹介 常東農民運動の先頭に立った武秀。独自の営農方式を確立し農家経営を改善した一門。戦後の「後進県」において農民の生活改善 のために闘った二人の農協運動の先覚者、その歴史。   
著者紹介


資料所在情報

No コメント 資料番号
1新刊コーナーにあります。2231162796

所蔵数 1   在庫数 1