ゲストさん | ログイン | 予約カート情報



 検索結果(詳細) 

蔵書検索(条件入力)に戻る



国立国会図書館サーチ
Google ブックス
カーリル
Amazon
Webcat Plus







書  名 「役に立たない」研究の未来  
シリーズ名
著者名  初田 哲男 著  大隅 良典 著  隠岐 さや香 著
出版者  柏書房
出版年  2021
ページ数 213p サイズ  19cm 価 格  1500
分 類 404
件 名  科学
ISBN 9784760153480
内容注記 内容:「役に立たない」科学が役に立つ 初田哲男述. すべては好奇心から始まる 大隅良典述. 科学はいつから「役に立つ /立たない」を語り出したのか 隠岐さや香述. これからの基礎研究の話をしよう. 科学と技術が、幸福な「共進化」をとげ るための実践 初田哲男著. 個人を投資の対象にしない、人間的な科学のために 大隅良典著. 人文社会科学は「役に立つ」 ほど危うくなる 隠岐さや香著   第54回 夏休みの本(緑陰図書) 高等学校   
内容紹介 研究者たちはどのように基礎研究を継続していくことができるのか?なぜそれを支えなければならないのか?各分野の一線で活躍 する3名の研究者が、“「役に立たない」科学が役に立つ”をテーマにした議論を中心に、書下ろしを加えたうえでまとめた1冊 。   
著者紹介


資料所在情報

(該当データがありません)